印刷用語辞典 印刷用語集

印刷関連の言葉は専門用語が多くてなんだかよく分からない。このホームページで印刷用語を調べてみよう!
| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷用語集トップページ

    
    
    
    
    
    
    
  
    


印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp




印刷会社

            は



【 倍胴型 】
ユニット型枚葉多色オフセット印刷機において、前の印刷ユニットの圧胴から印刷紙を受け取り、次の印刷ユニットの圧胴に渡すための胴において、胴径が版胴の倍径のものを倍胴型という。

【 ハイファイカラー 】
あらかじめグラビア輪転機などでカラー印刷された巻取り紙の裏面に、新聞輪転機でニュースを追加印刷する方法。記事の印刷と裏面の絵柄との見当合わせは行わず、どこで断裁されてもよいような絵柄に限定される。

【 ハイライト版 】
挿絵などの白地に調子のある原稿を製版する活版用の原版。

【 パイルデリバリー 】
枚葉印刷機の排紙部で、印刷紙を積み重ねる装置。

【 パウダースプレー装置 】
主として枚葉印刷機の印刷部を出た後に、パイルによるインキの裏移りを防止するため、澱粉、タルクなどの微粉を印刷面に散布する装置。圧縮空気を利用して、印刷面に少量均一に散布する。

【 箔押し 】
表紙に直接金箔、色箔などを接着すること。

【 箔押し機 】
表紙に金箔、色箔などを押す機械。

【 白化 】
溶剤型グラビアインキ、フレキソインキで印刷したフィルムを乾燥させるさい、インキ表面が冷えて空気中の湿分がインキ膜中に混入して白っぽくなる現象。

【 バックアップローラー 】
グラビア輪転印刷機の圧胴を上からバックアップし、圧胴のたわみによる押圧の逃げを防ぎ、全体に強い印圧をくわえるためのローラー。最近の印刷機では、圧胴の内部構造に工夫をしてたわみによる圧の逃げを防止し、バックアップローラーをなくした印刷機もある。

【 ハード・プルーフ 】
ディスプレイ画面で見られる「ソフト・プルーフ」とは異なり、紙に印刷したモノクロやカラーの校正刷りをいう。

【 花布 】
上製本において、本文の背の部分の天地両端に貼り付ける小さな布。

【 パーフォレーション 】
印刷機を用いて刷本に切り取り用の線状の小さな穴をあけること。印刷機の版面に穴あけ用の刃を組み付けて、印刷と同時に穴をあけすることもあるが、ブランケットなどに傷がつき、色数も制限されることから、印刷とは別の専用ユニットを設けて穴あけをする場合が多い。

【 端物 】
はがき、伝票、名刺、表類など、ページ物でない、体裁の一定しない印刷物。

【 端物印刷機 】
少量部数の印刷に適した小型印刷機。

【 針 】
枚葉印刷機フィーダー上で、紙の横方向を規制するための金具。紙は印刷ユニットに入る直前、まず前当てに当ててから横に引き、印刷位置を一定に決める。

【 針金とじ 】
仮製本のとじ方の一つで、針金を用いて本をとじ付けること。

【 貼込み 】
別の種類の折丁を貼り合わせること、折丁ののどの部分に糊を引いて貼り合わせる。

【 針印 】
枚葉機で印刷するさい、刷位置のずれの有無を見るため紙の余白部に入れた小さなマーク。正常に印刷されているものはマークの位置が紙の端から一定の位置にあり、連続して印刷紙を検査する場合、位置ずれのあるものは容易に発見できる。

【 針しろ 】
巻取紙印刷の折丁の端から針穴までの距離。

【 針違い 】
紙の上で正常な印刷位置からずれて刷られたもの。枚葉紙は前当て、横針りに当てることによって前後左右共印刷位置が規制されるが、連続印刷中、突然、正規に当たらなかったりすると針違いが発生する。

【 バレープリント 】
別名谷染め印刷ともいう。型押しと同時にその凹部にも色付けを行う印刷で、合成皮革、壁紙などの印刷に用いられる。一般的には熱可塑性の被印刷体を予備加熱し、凸部にインキ着けした彫刻版などの版胴で被印刷体にエンボスを施すと同時に被印刷体の凹部に色付けを行う。

【 版かぶり 】
グラビア印刷時の故障の一つであり、画線部以外の箇所にドクターでインキが掻き切れない部分がしょうじ「かぶり」となって印刷物に転移する現象。

【 番号印刷 】
紙幣、株券、手形、債券などの有価証券や、事務用帳票、送り状などの伝票類に番号を印刷すること。通常は印刷機械に番号器を組み付けて、紙が1枚通るごとに自動的に連続した番号を印刷する。

【 反射原稿 】
通常の光が原稿に当たり、その反射光で画像が認識されるとき、その原稿をいう。

【 版シリンダー 】
印刷機の版胴となるシリンダー。凸版、オフセット印刷では版シリンダーは印刷機に固定されており、板状の版を別工程で作り、版シリンダーに固定する。グラビア印刷では巻き取り紙用は版シリンダーを取り外して製版し、印刷機に取り付ける。枚葉グラビア印刷では凸版、オフセット印刷同様、固定シリンダー方式となっている。

【 版づら 】
印刷物の判型から周囲の余白を除いた、本文や見出しの活字・罫線類が印刷される部分を版づらという。

【 パントンカラー 】
米国のパントン社の商品名で、印刷物やデザイン製品などの色彩決定に用いられる。

【 版残り 】
印刷中に、版、ブランケット、ローラー面にインキや紙粉がパイルする現象。

【 版離れ 】
スクリーン印刷において、印刷時に発生する現象。



| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2006 Ko-sin Printing All right reserved