印刷用語辞典 印刷用語集

印刷関連の言葉は専門用語が多くてなんだかよく分からない。このホームページで印刷用語を調べてみよう!
| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷用語 トップページ

    
    
    
    
    
    
    
  
    


印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp




印刷会社

            ふ



【 ファーニッシャーローラー 】
グラビア印刷機のインキ供給装置の一つで、インキパンから版面へインキを供給するためのゴムローラー。

【 ファンシーペーパー 】
美しい意匠を施した装飾用紙の総称。艶紙、マーブル紙、パール紙、型つけ箔押紙、レース紙、シルクスクリーン印刷紙、花模様印刷紙などがある。

【 フィーダー 】
=自動給紙機

【 フィードローラー 】
枚葉紙印刷機。折り畳機などの自動給紙機において、一枚一枚分離された紙を本体に正確に送り込むためのローラー。

【 フィラーシート 】
凸版印刷機の胴貼り紙のうち、自由に抜き差しできる紙のこと。

【 フォトタイプオフセット印刷 】
軽印刷の一種で、PTO印刷ともいう。写真植字による直接フィルム、あるいは文字貼りこみ台紙を原版として、直接刷版を製版しオフセット印刷を行う。

【 フォーミング 】
巻き取り紙輪転機において印刷されたウェッブを縦に連続的に折り重ねること。

【 フォーム印刷 】
事務手続、事務管理などに用いる書式の決まった帳票を印刷する方法。印刷方式としてはオフセット方式、凸版方式、フレキソ方式、グラビア方式がある。

【 フォーム印刷機 】
電子計算機用の連続伝票を印刷すると同時に、ミシン、ジグザグ折などの後加工を行う装置を連結した巻き取り紙輪転印刷機。印刷版式は合成樹脂またはゴム凸版、オフセット版を用いる。連続伝票は、印刷の裏表見当精度以外に、横ミシンを基準として印刷の天地見当、パンチ、折り位置の精度を要求される。

【 袋 】
紙折機または輪転印刷機の折機により、印刷物は折りたたまれる。この折られたものを折丁とよぶが、この折丁において小口の一部が折り目になった部分をいう。

【 袋掛け 】
刷り物を折ったときに小口が袋になるような版面の掛け方。

【 不織布 】
天然、再生、合成などの繊維を単独または混合して接着剤などで接着して布状にしたシート。

【 フート印刷機 】
足踏み式平圧印刷機。機械のペダルを足で踏むと、版面にインキをつけ、圧盤が動いてきて版面を押圧して印刷する。

【 ブラインデング 】
印刷中に画線部にだんだんインキが付着しなくなり、濃度が薄れてくる現象。印刷時に繰り返し版面にくわえられるローラーやブランケットの摩擦圧などで画線部がしだいに破壊される。

【 ブラッシング 】
グラビア印刷での品質トラブルの一つ。グラビア印刷されたインキがフィルム表面で乾燥するさい、印刷面の光沢不良や不透明となり、スクラッチ不良や接着不良が生じること。

【 ブランケット巻き棒 】
凸版印刷機やオフセット印刷機において圧胴またはゴム胴にブランケットを巻きつけて張るための棒。

【 フランス装 】
糸とじした本文を立方体のまま仮固めしておき、これに、本文より30〜50mmほど大きい表紙用紙の四方の角を折り返して糊貼りし、表紙貼りの代わりとしてくるみを行った様式。

【 フランス表紙 】
=フランス装

【 ブリスター 】
オフセット輪転印刷においてヒートセットインキを使用するが、乾燥部でアート紙やコート紙のコート面の一部が膨れあがって火ぶくれを起こす現象。

【 ブリスタリング 】
印刷物の印刷基材上またはインキの膜面に発生するふくれのこと。

【 ブリード 】
印刷インキに含まれる顔料が印刷時または印刷後に溶剤、油脂、可塑剤や水などに溶けて色がにじみ出てくる現象。

【 プリプレス 】
印刷の前工程の総称。

【 プリントスルー 】
印刷物の文字や絵柄が裏面から透き通して見える現象をいう

【 フレキソ印刷 】
凸版印刷の一種で、フレキシブルな樹脂またはゴム凸版を用い、溶剤乾燥型インキを用いた印刷方式。

【 フレキソ印刷機 】
アニロックスロールと称するインキ着けロールと速乾性インキとによってゴムまたは合成樹脂凸版の印刷をする輪転印刷機。

【 プレスコート 】
表面加工の一つで、印刷物表面に高級感のある滑らかな鏡面光沢を与える加工法。

【 プレートグラビア 】
枚葉グラビア印刷機に使用されるシート状のグラビア版。

【 プロセスインキ 】
カラー原稿を黄版、紅版、藍版、の3色に墨版を加えた4色刷により、色再現が可能な組み合わせのインキ。

【 ブロッキング 】
印刷インキの乾燥するプロセスのなかでインキの粘着性のために印刷物が互いに接着する現象。

【 文化用紙 】
産業用紙に対して用いられる用語。筆記および各種の印刷用紙を含んでおり、文化目的をもって使用される用紙のすべてをさす。

【 噴射インキ装置 】
グラビア輪転印刷機の版胴の表面にインキを吹きつけ、または、かけ流しする装置。

【 分色校正刷 】
カラー印刷は4色の重ね刷りで表現するが、印刷サンプルとなる校正刷は半自動機で1色ずつ刷り重ねていく。このとき1色ずつ単独に印刷したもの、および2色、3色と刷り重ねのプロセスの各段階の校正印刷物をいう。



| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2006 Ko-sin Printing All right reserved