印刷用語辞典 印刷用語集

印刷関連の言葉は専門用語が多くてなんだかよく分からない。このホームページで印刷用語を調べてみよう!
| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷用語 トップページ

    
    
    
    
    
    
    
  
    


印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp




印刷会社

            お



【 追い丁 】
分冊された書籍や雑誌の全巻にわたって、連続してつけた丁付け。

【 凹版 】
版面の凹んだ部分にインキを満たして印刷する版。凸版、平版とならぶ基本的な3版式の一つである。

【 凹版印刷 】
版面の凹んだ部分にインキを満たして印刷する印刷方式。凸版印刷、平版印刷とともに基本的な印刷方式である。写真技術を利用した凹版印刷をグラビア印刷と言う。

【 凹版輪転印刷機 】
凹版印刷に用いる輪転印刷機。版胴に凹版版面が巻きつけられ、加圧機構を輪転式にしているため大量生産向きである。紙幣・切手・有価証券類の印刷に用いられる。

【 黄変 】
オーバープリントワニスや淡色インキの印刷面が経時と共に黄味に変色すること、ブリキ印刷の焼付け乾燥によって黄味に変色すること、紙自体が経時で変色することをいう。

【 オキシドライ装置 】
印刷物の裏移りを防止するために、印刷物表面に微細な粉を均一に散布する装置の一種。印刷物表面以外に粉が飛散しないよう粉を帯電させることが特徴。

【 奥付 】
書籍の巻末に、書名、定価、発行年月日、版数、著者名、発行者名、印刷者名などが印刷されている部分。

【 送り出しローラー 】
巻き取り紙を用いる輪転印刷機において、色見当や折見当のずれが起こらないよう、紙の張力を一定に保つために設けられる駆動ローラー装置。

【 OCR 】
光学文字認識と訳され、用紙上に印刷または印字された文字、記号を光学的に読み取り、コンピューターへ入力する装置。

【 OCRインキ 】
印刷文字を光学的に読み取る装置(OCRスキャナー)によってアナログ文字を直接デジタル変換し、コンピューターのデータ処理に用いる印刷文字用インキ。

【 オーバープリント 】
印刷の際に下地の色の上に、文字やロゴなどを刷り重ねることをいう。「のせ」ともいう。

【 オーバープリントワニス 】
印刷の最終インキとして印刷する無彩色、透明または半透明なワニスの総称。

【 オーバーレイ 】
ムラトリ法の一つ。印刷機の整備ができ、版をセットした後インキを供給、用紙を準備して印刷に移るが、活版印刷では特有のムラトリ作業が必要。

【 帯紙 】
書籍の表紙に巻いた帯状の印刷物をいい、一般に「帯」と呼ばれている。

【 オフセット印刷 】
版からインキ直接被印刷物に印刷しないで一度転写体に転移され、そのインキがさらに被印刷物に移される印刷方式。現在の平版印刷は特殊なものを除いて、このオフセット形式が主流。

【 オフセット印刷機 】
平版印刷機の一種で、版面のインキをブランケットと呼ぶゴムシートに一度移し、さらにブランケット上のインキを紙に転写する方式の印刷機。

【 オフセット校正機 】
オフセット印刷において、量産機での印刷前に試し印刷を行う機械。

【 オフセットダブリ 】
オフセット印刷機に特有のトラブルで、絵柄再現網点が少しずれて二重に重なって印刷される現象。

【 オフセット輪転 】
輪転式オフセット印刷機。通常、オフセット印刷は輪転式で行われるが、オフセット枚葉印刷には用いられず、オフセット輪転印刷機の略称として用いられることが多い。

【 オフセット輪転機 】
オフセット印刷機のうち、版を円筒状の胴にセットする方式の印刷機。シート紙を印刷する枚葉型と巻き取り紙を用いる巻取り型とがあるが、一般にオフセット輪転機という場合は巻き取り型をさすこごが多い。

【 オフ輪 】
オフセット輪転機の略称。

【 オペーク 】
ポジティブやネガティブの画像またはその周囲に塗布する遮光性のある塗料の総称。

【 表白 】
用紙の表面に印刷せず、裏面に印刷してあるページ。

【 表刷り 】
透明なフィルム素材の表側から印刷すること。裏刷りに対して使い分けをする。

【 表版 】
印刷するときに、用紙の表面に印刷する版。

【 およぎ 】
ネーム印刷のエッジが流れること、および平網印刷のムラを生じる現象。インキが低粘度の場合、被印刷体表面に油分浸透ムラがある場合に生じる。

【 折り 】
製本のさいに、印刷された紙(刷本)をページが正しい順になるように折りたたむ作業。

【 折り機 】
刷り本を自動的に折るための機械。その機能から、ナイフ式とバックル式、さらにこれを組み合わせた方式のものもある。

【 折り装置 】
印刷された用紙を所定の大きさに折る装置。輪転印刷機で印刷部から出てきた用紙をインラインで折り切断するものと、シート状の印刷物をオフラインで折るものとがある。

【 折丁 】
製本するために、刷り本を折ったもので、本の中身を構成する1単位。

【 オールサイズ輪転機 】
種々の寸法の紙に印刷が行える印刷機。枚葉印刷機では印刷流れ方向に種々の寸法の用紙が使用できる。

【 オンデマンド印刷 】
顧客が必要とする時に必要とする部数を印刷、製本し、在庫を持たないで供給する手法の一つ。オンデマンド印刷を効率よく達成するためには、原稿がデジタル化され、データベース化され、ダイレクト刷版による印刷またはデジタル印刷機により印刷され、電子的に丁合いされることが理想。

【 オンデマンドパブリッシング 】
文献などのデータベースから読者の要求項目を区分抽出整理し、提供する出版。

【 オンライン出版 】
インターネット上での電子雑誌のような、内容そのものをデータで供給しコンピュータ上からオンラインで購読する形態の出版。

【 オンライン入稿 】
原稿を印刷会社に入稿するとき、原稿をデジタルデータの形で通信回線などを利用して行うこと。



| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2006 Ko-sin Printing All right reserved