印刷用語辞典 印刷用語集

印刷関連の言葉は専門用語が多くてなんだかよく分からない。このホームページで印刷用語を調べてみよう!
| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷用語 トップページ

    
    
    
    
    
    
    
  
    


印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp




印刷会社

            さ



【 再校 】
初校戻しの赤字を直した2度目の校正あるいは校正刷。

【 再生紙 】
明確な定義はなく、グリーン購入法では、古紙配合率が70〜100%の情報・印刷用紙、白色度が70%程度の非塗工紙としている。

【 再版 】
書籍の出版で初版の発行後同一版で再び出版すること。正しくは再び製版し直して印刷、出版する場合をさす。

【 作字 】
2本または3本の活字の不用部分を削って、必要部分を組み合わせて特殊な漢字を作る作業、またはその合成活字。

【 差し替え 】
校正の訂正指定に従って、組版中の活字、込め物、インテル、罫線などを差し替えて、版の訂正を行うこと。

【 差込印刷 】
文書の一部に他のファイルのデータ、例えば文書の内容は変えずに、宛名を差し換えながら印刷をすること。

【 刷版 】
実際に印刷機に取り付けて印刷するための版。

【 刷了 】
全部の用紙を刷り終え、印刷機から版をはずしても支障のない状態のこと。

【 サテライト型オフセット輪転機 】
巻き取り紙を用いて、輪転式で平版オフセット印刷する機械をオフセット輪転機という。この中で1本の太い共通圧胴の周りに数組の版胴とゴム胴とを配置したものをサテライト型と呼ぶ。

【 更紙 】
化学パルプ40%未満配合の非塗工印刷用紙。下級印刷用紙として、雑誌本文や謄写版印刷などに使用される。

【 ざらつき 】
印刷物網点の再現が不完全であり、網点が素抜ける場合をさす。

【 三三判 】
規格外原紙寸法の一つ。697×1000mmをいう。

【 三四判 】
規格外原紙寸法の一つ。727×1000mmをいう。

【 3色版 】
絵画、写真、実体などを原稿とし、色彩を表すのにもっとも便利な、イエロー、マゼンタ、シアンの版を作り、それぞれ適応する色インキを着けて順次刷り重ねて印刷する方法。

【 三方断裁機 】
本の天地、小口、すなわち三方を1回の操作で連続的に仕上げ裁ちできる高能率な断裁機。

【 ザンメル印刷 】
一つの版に部分的に異なる色のインキをつけ、一度に多色刷りを行う特殊印刷法。



| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2006 Ko-sin Printing All right reserved