印刷用語辞典 印刷用語集

印刷関連の言葉は専門用語が多くてなんだかよく分からない。このホームページで印刷用語を調べてみよう!
| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷用語 トップページ

    
    
    
    
    
    
    
  
    


印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp




印刷会社

            せ



【 背 】
書籍のとじ側。小口の反対側をさす。とくに上製本では、背の形により丸背と角背に分類される。

【 静電印刷 】
印刷において、インキの転写を静電引力を利用して行う方式で、物理的圧力を必要としないため曲面への印刷、強度の低い被印刷物への印刷が行える。一般に印刷版は導電性のスクリーン版を用い、被印刷物を介して対向電極間に電圧を印加し、スクリーン版上に供給したトナーインキを被印刷物に転写させる。

【 静電グラビア印刷 】
グラビア印刷でインキの転移性を改善するため、アメリカのGRIで開発された方法で、印刷紙の後面から電圧をかけ、静電引力によりインキ・セル上のグラビア・インキを盛り上げ、インキ転移性を向上させるもの。

【 静電スクリーン印刷 】
スクリーン印刷で液体インキの代わりに乾燥した粉末トナーを用い、静電気の吸引力を利用して基材へ印刷することをいう。

【 製版指定 】
印刷原版を作成するために必要な設計指示。

【 背固め 】
製本でのくるみ工程前に本文の背を背紙などで補強する作業。

【 責任校正 】
著者または発注者から任されて印刷会社側で行う校正。

【 責任校了 】
直し箇所が少ない場合など、印刷会社が責任をもって校了とすることを前提として、注文者が校了すること。

【 石版印刷 】
石版石を版材とする平版印刷の一つ。

【 石版印刷機 】
石版印刷を行う印刷機。手動印刷機と停止円筒印刷機の形式がある。転写方式には直接印刷とオフセット印刷の2方式がある。

【 背丁 】
各折丁の順番を簡単に見分けるために、折丁の背の部分に刷り込んだ記号。

【 セットオフ 】
凸版輪転、オフセットインキの品質事故の一つで、印刷面のインキのセット、乾燥が遅いため、印刷物を重ねたとき対向面を汚す現象。

【 セパレーションネガ 】
写真原稿などを光学系の処理により、印刷に必要な4色の成分に分け、露光されたネガフィルム。

【 背標 】
各折丁の背の部分に印刷する目印。

【 全紙掛け 】
印刷用紙の寸法が正寸の大きさのまま、版を組み付けて印刷する方法。

【 線数メーター 】
網がけされた印刷物のスクリーン線数を読み取るためのパターンの付いたフィルム。

【 センタートンボ 】
トンボにはいろいろな種類があるが、製版や印刷工程における印刷物の天地・左右の中央の位置を示すトンボをいう。

【 全判 】
枚葉印刷紙の断裁する前の基準となるサイズ。

【 先方紙 】
印刷会社が印刷物を受注するとき、出版社などの発注者が印刷用紙を支給することを、先方紙という。印刷会社から見て先方を意味している。反対に印刷会社側が購入して準備する用紙を、当方紙という。



| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2006 Ko-sin Printing All right reserved