印刷用語辞典 印刷用語集

印刷関連の言葉は専門用語が多くてなんだかよく分からない。このホームページで印刷用語を調べてみよう!
| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷用語 トップページ

    
    
    
    
    
    
    
  
    


印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp




印刷会社

            し



【 仕上がり寸法 】
実際に本、チラシ、カレンダーなどになるときの大きさで、断裁機にて裁つ際、目印となる裁ちトンボの内側の大きさ。

【 紫外線硬化型インキ 】
高エネルギー電磁波の一種である紫外線を照射することで硬化するインキ。

【 直刷り 】
オフセット印刷に対して、版から被印刷体に直接印刷する方式をいう。

【 直刷り平版インキ 】
オフセット印刷に使用する版材を用い、版からブランケットを介さず、直接紙に印刷する直刷り平版用のインキ。

【 磁気印刷 】
磁性インキを用いて、文字や記号、ストライプを印刷すること。文字や記号の磁気印刷は容易に目視にて判読できる点と機械的に読み取りができるという利点がある。

【 色差 】
色の相違を数量的に表したもの。

【 ジグザグ折機 】
連続伝票において印刷機排出部で折丁やシートの形をとらず、ジグザグの経本状に連続して折るための折機。

【 シーズニング 】
抄造後の用紙を一定の温度・湿度中に放置し、用紙含有水分量を安定させること。

【 試刷 】
印刷機で本番印刷に入る前に試しに印刷すること。

【 下固め 】
製本での本固め前に仮に本文の背を一冊づつ接着剤で背固めする作業。

【 字面 】
文字面のことで、印刷の際にインキが付着する部分をいう。

【 質感 】
印刷再現を表現するのに、色彩、量感と並列して用いられる慣用句。

【 湿紙機 】
印刷前の用紙を加湿する機械。水を噴霧器でスプレーし、その中へ紙を連続的に送って加湿する。証券などの凹版印刷のさいに、印刷を容易にするために用いられる。

【 辞典用紙 】
辞典、薬品説明書などに使用される印刷用紙。

【 自動紙継ぎ装置 】
巻取紙印刷機において、印刷している巻取り紙が終わる時、印刷機を停止させずに次の巻取り紙へ自動的に紙を継ぐ装置。

【 自動給紙機 】
枚葉印刷機、枚葉折機などで、棒積みした紙を自動的に1枚ずつ供給する装置。

【 自動現像機 】
露光後のフィルムなどを感光材料を自動搬送し、現像・定着・水洗・乾燥する機械。

【 自動見当合わせ装置 】
輪転印刷機において、多色印刷の色合わせ、断裁長さ、折などを自動的に制御する装置。

【 紙粉 】
紙面に付着した粉末状のごみ。印刷時にこのごみが版面やブランケットに付着したり、インキつぼに混入すると、印刷部分が白点状にぬけるヒッキーの原因となる。

【 湿し装置 】
オフセット印刷機の版面に湿し水を供給する装置。

【 湿し水 】
平版印刷の非画線部にインキが付着しないように版面を湿らせる水。

【 湿し水循環装置 】
オフセット印刷の湿し水を供給するために、印刷機の外部に設けたタンクからポンプによって連続的に水舟に水を送り、水舟からオーバーフローした水をタンクにもどして循環させる装置。

【 湿しローラー 】
オフセット印刷で、版面上にインキを反発する湿し水を運ぶローラー。

【 地紋 】
主要な絵柄の背景に刷る淡色の網点、砂目、彩紋などの模様。

【 写植 】 
写真植字を略して写植という。写真植字機を使って印刷用文字を作成する方法。

【 写植機 】
写真植字機を略して写植機という。

【 写真植字 】
略して写植ともいわれ、写真植字機を使って印刷用の文字や記号、罫、パターンなどを作成する技法。

【 写真植字機 】
写真的に文字を印字し、製版用文字版下を作る機械。

【 シャープネス 】
印刷の鮮鋭度。印刷ではインキを使用するため、エッジの再現が原稿より劣りやすく、これを防止するために、製版の色分解機においてエッジに濃淡のレリーフを電子的につける。

【 集版 】
カメラまたはスキャナー工程で作成された線画ネガや色分解ネガなどをライトテーブル上で指定に従ってまとめ、1枚の印版焼付け用のフィルムに仕上げること。

【 樹脂グラビア版 】
グラビア印刷用版材の表面に樹脂を使用したもの。

【 出校 】
印刷会社が、作成した校正刷を発注者に校正のために送ること。

【 出張校正 】
校正者や編集者または著者などが印刷会社へ出向いて校正を行うこと。

【 出版グラビアインキ 】
週刊誌、月刊誌などの雑誌類の表紙や写真ページに用いられるグラビア印刷用インキ。カラー印刷用に使われるものが多い。

【 出力機 】
入力機およびコンピュータからの画像・文字やレイアウトを紙や製版フィルムに出力する装置。

【 昇華型転写捺染印刷 】
加熱することにより昇華性を有する染料をインキとし、絵柄を転写紙にグラビア印刷方式で印刷した後、転写原紙を布に重ねて加圧加熱して、原紙の絵柄を布に転写する染色法。

【 証券印刷 】
紙幣、株券、債券、預金通帳、商品券などの印刷。

【 上更紙 】
化学パルプ40%以上、70%未満配合の非塗工印刷用紙。

【 上質紙 】
化学パルプ100%配合の非塗工印刷用紙。印刷用紙の代表的品種であり、書籍、教科書、商業印刷などに使用される。

【 蒸発乾燥 】
印刷後に溶剤が急速に蒸発することによって、被印刷面に樹脂分や顔料分が残って固着するもので、乾燥速度はきわめて速いため、高速・多量印刷に適している。

【 植字 】
活字、込め物、インテル、罫線などを組み合わせてページ単位の版を作る作業。

【 初校 】
組版した最初の校正あるいは校正刷。

【 書籍用紙 】
書籍の印刷に適した、地合いが均一で、不透明度の高い用紙。

【 書籍輪転機 】
書籍、雑誌の活版ページを印刷する凸版輪転印刷機。

【 ショートラン印刷 】
一般にいわれている「小ロット印刷」のことをいう。小ロット印刷の数量の定義は明確ではない。

【 ショック目 】
オフセット印刷物で、シリンダー軸方向に平行に帯状の印刷濃度ムラが発生すること。

【 シール印刷機 】
印刷、浮き出し、打ち抜きをインラインで行って、シールやラベルを製造する機械。

【 シルクスクリーン印刷 】
スクリーン印刷に同じ。

【 白板紙 】
板紙の一種で、印刷適正や製函適正がよいことを特徴とする。

【 白抜き 】
文字、模様などの原図の黒部を白部とする方法で製版、印刷の状態をいう。

【 新聞印刷 】
新聞を製作する技術および方法。新聞としての機能を果たすため、短時間で大量の印刷を行うことが要求される。

【 新聞輪転機 】
新聞を印刷するための巻き取り紙輪転機。



| 印刷用語 トップページにもどる | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2006 Ko-sin Printing All right reserved